「ウェイプスウィード」その1

ラノベ作家にSF書かせてみた系の中じゃ割とイケてる部類

読んでるときの印象としては、「SFマガジン」より「異形コレクション」寄りという感じ?
ラノベ特有のイキリ主人公でもないし思想もイキってない、割とまともな部類の小説ですねまぁ。

帯見て「エンタメ作家…あっ…(察し)」となったけど、まさか本文中にも挿絵があるとは思わなかったな…。ハヤカワ文庫で挿絵ありって久しぶりに見た気がしますね…。