読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻耶雄嵩「化石少女」その3

化石少女 (文芸書)

化石少女 (文芸書)

幽霊クラブ

前々回あたりで思いっきり動機になるようなシーンが描かれていたり、動機としては十分だし、トリックも割りと可能性のありそうな感じではある。ただ意外にコレ綱渡りだよな

赤と黒

エピローグ

京都舞台にしたり、まりあの性格と言い、てっきり京アニによるアニメ化でも狙ってるのかと思ってたらコレだよ。
まあ、まさに自分みたいな読者狙いのオチ。でも実際の所、全部の犯人こいつでも良かったぐらいだよね。反論が不自然なくらい否定的だったし。
でもまぁ、「赤と黒」でも結局犯人特定には至っていないのだから、今までの推理が全部正解だとはい言い切れないんじゃないかなぁ。ていうか、「赤と黒」だけじゃこのタイトルの意味わからんのとちゃうの?