読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倉阪鬼一郎「鳩が来る家」その1

鳩が来る家 (光文社文庫)

鳩が来る家 (光文社文庫)

これ借りたのは、とにかく作者名で検索したらこれが目についたってだけですね。鳩が来る家と言うタイトルが何となく稲川淳二の「鳩の来る部屋」を連想させたのは言うまでもない。
読んでて思ったが、この人の話は、怖い以前に「読んでて嫌になる」って部分が多いね。気分が暗くなる、物悲しい、と言うような。


鳩が来る家

何も悪いことしてないのに恨まれて殺される主人公が可哀想だと思った(小学生並みの感想)

骸列車

なんか夢野久作の「木魂」を思い浮かべる作品。
この作者は、友成純一以上に夢野久作の影響を受けてるように感じられる。「鳩が来る家」は難破筋って言う男の話なんで、どことなく「難船小僧」を連想するし。

片靴

あんまり後味は悪くない。

裏面

初出が異形コレクションの「マスカレード」なので、お題に引きずられすぎて意味不明なのになってる感じ。