読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「20世紀SF 6 1990年代 遺伝子戦争」

20世紀SF

読んだはずなのに記録してなかったのでうろ覚えの状態で覚えてるものだけ書き出し。

20世紀SF〈6〉1990年代―遺伝子戦争 (河出文庫)

20世紀SF〈6〉1990年代―遺伝子戦争 (河出文庫)

軍用機

内容不明

爬虫類のごとく……

内容不明

マジンラ世紀末最終大決戦

巨大ロボVS巨大ロボの話。
日本企業から軍用に作られたものの実用性に乏しいというロボットをレンタルしたアメリカ人が、そのロボットを見世物にして利益を得ていたら、大本の日本企業が更に強いロボットを作って挑戦しにきたという話
落ちは覚えていない

進化

内容不明

日の下を歩いて

内容不明

しあわせの理由

脳腫瘍の除去手術を受けたら何もかも不幸に感じるようになってしまったので、感情を調節するナノマシンを使って自分の感情をコントロールできるような手術を受けた主人公。
結局はホームレスになったのかなんなのか。ドブ川の汚臭の漂う橋の下に住んでいる。そんなところにいても主人公は自分の感情をコントロールして「僕はここが気に入っているんだ」と答える

真夜中をダウンロード

内容不明

平山を超えて

巨大トラックを運送する運ちゃんに連れて行ってもらって巨大な山を超える話。

ケンタウルスの死

内容不明

キリマンジャロ

地球外の何かに侵食され何もかもがプラスチックのものに変異してしまったジャングルに行って恋人を探す話

遺伝子戦争

とある遺伝子工学者の一生をダイジェストで送るという内容。
イーガンかと思ったらぜんぜん違う。まあイーガンにしちゃ読みやすいからなぁ