読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢野久作「少女地獄」その1

なぜ、今更そんなものを…?

多分、東京創元社から出たことに意味があるんだろう。 今まで角川文庫でしか入手出来なかった(とはいってもネット上ではいくらでも読める訳だが)少女地獄が他の出版社からも入手できるという。

収録作品は、

  • 死後の恋
  • 瓶詰の地獄
  • 氷の涯
  • 少女地獄

うーん、瓶詰と少女で地獄が被ってしまったな。
ちなみに収録作品のうち2つは同社の「日本探偵小説全集」に収録されている。収録作品かぶりを気にしなくなったのはいい事なのか悪い事なのか……。
まあ、解説で「ホンマは入れたい傑作あったんやけど、ウチの出版社から出てる傑作集と収録作品被るから辞めたわ。じゃあの」とかやられるよりマシなのかもしれんが。昔はそういうの見る度「ふざけんな」って思ったもんですが。
昔に比べると、収録作品被りがあっても気にせず買うと言う余裕のある人が増えたのか、逆に余裕なくてどれか一冊しか買えないって人が増えたのか……。後者はないかなぁ。だって1080円だよこれ。
まあ、知ってる人にはあんま有り難みも何もない本よね。大体、日本探偵小説全集の夢野久作集自体が1200円と考えるとかなり微妙。
持ってない人向けとか、新規向けなんだろうか。ド嬢で紹介でもされたか?
まあ、図書館とかはまず仕入れない本(地方の図書館なんかは同名の本があったら収録作品が異なってても仕入れない)だから図書館狙いではなさそうだが。
ただまあ、角川とか現代教養文庫とかの不気味通り越して気持ち悪い表紙に比べると大分マシではあるだろうけど。

少女地獄 (1976年) (角川文庫)

少女地獄 (1976年) (角川文庫)

取りあえず、そろそろ日本探偵小説全集値上げしそうだから早めに買っとくかな。

日本探偵小説全集〈4〉夢野久作集 (創元推理文庫)

日本探偵小説全集〈4〉夢野久作集 (創元推理文庫)

死後の恋

おなじみ男装女子がレイプされて宝石打ち込まれて死んだ話。
大筋ではあってはいるもののなんか昔読んだのと若干記憶が異なる。
仲間が森に入ってから、語り部が森に入ったのは割とすぐだったような気がしていたが、実は夜になってからだったらしい。ついでに先に入った仲間達は気に括り付けられて拷問されていたそうな。男装女子は腹部に宝石撃ち込まれて死んだと思ってたけど、首吊るされていたところからすると死因は絞殺ですかね。
敵軍に紛れ込んでいた男装女子をレイプして吊るして殺して下腹部に持ってた宝石を撃ち込む。う~ん、悪趣味。ロシア人的には普通のことなのかな。
そもそも女性が男に化けて軍隊に入り込んでバレないなんてことはあるのだろうか……?ロシア人は風呂入らないのかな。
それとも、そんな疑惑すら起こらないほど男らしい顔立ち体付きしてたのか
何にしても最後の「ああ……アナスタシヤ内親王殿下!」は相変わらず謎。話しかけていた日本軍人と、殺されたロシアの皇族に何の関係が……?