読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「輝く断片」その3

ルウェリンの犯罪

急に読みづらくなったんで何事かと思ったら、訳者が変わってた。これまでの短編は大森望ばっかりだったのに今回のは柳下毅一郎。そう、あの「ケルベロス第五の首」のクソみたいな翻訳で有名な。
ケルベロスは自分以外には好意的な感想ばっかだったので、たまたま糞訳になってたのかなと思ってたけど、今回のこれみるとやっぱり訳者としての力量が低いんだなぁと。
そんなわけでまだ読み終えてない。
殊能がケルベロス褒めてたのは原書読めてたからだよなぁ。いや、本読みすぎて、ありきたりの一般向けな作品では満足できなくなったってのが大きいのかもしれない。この手の読書家の意見が当てにならないのは昔っからですよねぇ