読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「駆逐艦入門」

駆逐艦入門―水雷戦の花形徹底研究 (光人社NF文庫)

駆逐艦入門―水雷戦の花形徹底研究 (光人社NF文庫)

艦これではやっぱり駆逐艦メインで使うことになるわけで、そうなると駆逐艦についてもより詳しく知りたいと思ってしまう。
それで、「戦艦入門」と同じ出版社の光人社から出ている「駆逐艦入門」を手にとったわけだけど…。内容については良い悪いは判定できるほどではないが…。
まあ、色々だめじゃん。文章が変にカッコつけてる様で気持ち悪いし。なんだか、一昔前の糞つまらん翻訳*1読んでるような感じ。著者の生きていた当時に流行った表現ではあるが今となっちゃ完全死語でもはや意味がわからないような言葉をそこかしこで使ってるし。ふざけてないでもうちょっとまじめに書けよと言いたくなるわな。
光人社の「軍艦メカ」なんかも読んでみたが、なんか文章が思ったよりつまらない。そこで機械的に情報収集できる人はいいんだろうけどね。
それだけではなく妙に前後で意味の通らない文を入れてる。というか、ここにその文必要ないよね?ってのが文章の合間合間に登場する。かと思えばいきなり話題が飛ぶ。
なんだか図鑑の文章読んでるみたいだ。図鑑は写真ごとに文章書いてるわけだから、各文章事の脈絡なんか考えられてはいないわけだし。
そっち系をメインで書いてたからこんな訳わからん本ができたんかしら。というか、この作者が他の図鑑なんかに書いてた文章そのまんま寄せ集めて出版したって言ったほうがまだ納得できる。
そんなわけで、文章の糞さばかりめについて一向に内容が頭に入ってこないので、まあ、この本は買う価値の無いクソ本と断定して良いかもしれない