読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木光司「リング」

リング (角川ホラー文庫)

リング (角川ホラー文庫)

なんとなく鈴木光司という人は一発屋ではないかと思っていたのだが、リングを読んだ後に「エス」読むとその感触が強くなる。
「リング」「らせん」は映画で見たから次は「ループ」だなと、借りてきて読んだのだがどうにもつまらない。「エス」のつまらなさは「ループ」のつまらなさと共通するところがあると思う。
そしてそんなリングシリーズの内唯一成功しているのがこの「リング」じゃなかろうか。