読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「家に棲むもの」

家に棲むもの (角川ホラー文庫)

家に棲むもの (角川ホラー文庫)

天獄と地国」や「海を見る人」「天体の回転について」なんか読んでると忘れがちだが、そういえばこの人はホラー畑の人だったなと。
この本はその事を思い出させてくれる。角川の方も「ΑΩ」以降はSF色が強くなってホラー色は薄くなってたからね。
それにしても表紙ひどいな。もうちょっと何とかならなかったのか


家に棲むもの

なんかクトゥルー的なホラーかと思ったら関係なかった……。しかしあれでまだ生きてるって凄いなバーさん。ていうか本当にあれは人間なのか?

食性

結局、易子ってのは何もんだったんだ?
最後らへんほとんどカッコが無くて地の文だけで会話しているのや、奥さん死んでるのに喋ってるっぽいのが何と無く、頭の中だけで起こってる会話何だなと検討はつくが、最後の「食べれば罪にはならないのよ」があるということは……

五人目の告白

「獣の記憶」とか「惨劇アルバム」とかその辺の。短いせいかキレがある。多重人格ものとか安易なものはやりそうにない印象だったがそうでもないな