読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くないSF

世の中の大半のSFは面白くないんじゃないか?という気がしてきたので面白いのと面白くないのを列挙する

「高い城の男」

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

「流れよ我が涙と警官は言った」

流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF)

流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF)

スキャナー・ダークリー

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)

「アルファ系衛星の氏族たち」

アルファ系衛星の氏族たち (創元SF文庫)

アルファ系衛星の氏族たち (創元SF文庫)

「パーキーパットの日々」

ディック傑作集〈1〉パーキー・パットの日々 (ハヤカワ文庫SF)

ディック傑作集〈1〉パーキー・パットの日々 (ハヤカワ文庫SF)

「ザップ・ガン」

ザップ・ガン (創元SF文庫)

ザップ・ガン (創元SF文庫)

改めて見るとP.K.ディックのSFって大して面白くない気がする。どうにも世界観が鬱々として爽快感も何もあったもんじゃない。
読んでいればいつか面白くなるのかとおもっていくつか読んだけど、アルフレッド・ベスターの「分解された男」みたいに本当に面白いSF知ってからは読む気をなくした。
まあ、なんで評価されてるかって言うと映画化されてるからそれから入ったってのが多そう。要は、コロンボ、じゃなくてメグレ警部シリーズみたいなもん。

「非Aの世界」

非(ナル)Aの世界 (創元SF文庫)

非(ナル)Aの世界 (創元SF文庫)

成恵の世界」から知ったわけではない…はず。後で「成恵」を書店で見かけて何これ気持ち悪ってなったので。
解説にはヴォークト作品では癖のある方で賛否両論とか書いてあったのでなるほどと思った。あとから「イシャーの武器店」「武器製造業者」を読んだがそちらは普通だったしね。

「輝くもの天より堕ち」

輝くもの天より墜ち (ハヤカワ文庫SF)

輝くもの天より墜ち (ハヤカワ文庫SF)

まあ、「冷たい方程式」読んでティプトリー知って、長編に挑戦したら見事外れ引いたって奴。この人のは短編だけ読んでたほうがいいかも。これ紹介した奴はこの小説を美しいとかなんとか言ってたけど。SFオタの感性が異常だと認識できた出来事だった。

メランコリイの妙薬

メランコリイの妙薬 (異色作家短篇集)

メランコリイの妙薬 (異色作家短篇集)

これSF?って言いたくなる。まあコレに限らずブラッドベリは変に感傷的なのが多い。

「時の声」

時の声 (創元SF文庫)

時の声 (創元SF文庫)

「終着の浜辺」

終着の浜辺 (創元SF文庫)

終着の浜辺 (創元SF文庫)

「時間都市」

時間都市 (創元SF文庫)

時間都市 (創元SF文庫)

意味不明でつまらない。まあ、J.G.バラードって全部こんな感じだしな。それでも買うのは表紙が魅力的だから。はようコレ系の表紙増やせよ。絶対買う奴出るよ。

ケルベロス第五の首」

ケルベロス第五の首 (未来の文学)

ケルベロス第五の首 (未来の文学)

殊能将之のおすすめだったので読んでみたが……。まあ、以前読んだジーン・ウルフの短編もつまらんかったし、期待するだけ無駄な部類。JGBといい文学的とか言われてる奴の大半はつまらない。
作家のおすすめってほとんど面白くないのばっかだよね。なんでだろ。本の読み過ぎでちょっとやそっとじゃ面白いと思わなくなってしまうんだろうか。

ニューロマンサー

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

翻訳がダメ。正直あの手のサイバーパンクな訳文って一過性のものだと思うんだよねぇ。ここらでまともな日本語の訳を出してほしいものだ