読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディクスン・カー「夜歩く」

夜歩く (ハヤカワ・ミステリ文庫 5-2)

夜歩く (ハヤカワ・ミステリ文庫 5-2)

もしかして、カーは駄作しか書いてないんじゃなかろうか。前回読んだ「蝋人形館の殺人」に続いてこちらも微妙。まあ、どういう訳かたいして面白くい作品書いてるわけでも無い人物がやたら持ち上げられるのはよくあることだ。エラリー・クイーンなんかが良い例だよね。話としてはべらぼうにつまらないのにフェアプレイとか、読者への挑戦とかそういうストーリーの面白さとは全く関係の無い部分で評価されてる奴。




タイトルだけならなかなか良さげですがね。