読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「禍家」

禍家 (光文社文庫)

禍家 (光文社文庫)

解説ページだけ読んだけど。
スラッシャー、首無、それにこれ。
どれも最初の数ページで読むの辞めた奴ばっかやん……。
どうも量産型ではないようね。早ければ早いほどクオリティが落ちる。
あるいは昔書き溜めて置いた奴を発表しただけとか?
前に読むの辞めた時は登場人物の思考を()で表すとかいうラノベくさい事やってるからだと思ったが、改めて読んでみると登場人物の思考優先で書いてて、状況を想像し辛いってのがこの小説が下手くそだと思う理由では無いかと。
小説書き始めた中学生とかにありがちな文章よね〜。これを濃厚な文書ってのはちょっとなぁ……。