読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三津田信三「作者不詳 ミステリ作家の読む本」上

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫)

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫)

前に読んだことのある、講談社ノベルズの文庫分冊版。
先に下だけ少し読んだ後だと、若干物足りなくなる。
新書版との違いは、作中の「迷宮草子」が文庫サイズになってる事、各章のはじめに挿絵がある事
ぐらいかな。
それにしても、作中の「迷宮草子」は一冊の本なのに、この本自体は上下の二冊になってんだよね。それはいいのか?

霧の館

鮎川哲也の主催する「本格推理」3に最初これだけが載ってたらしいが、確かに
それっぽい雰囲気ではある

子喰い鬼縁起

しかし、最後のその赤ちゃんが〜云々はいらんかったと思う。だれが攫ったかって時点でもう見え見えだし。むしろ飛鳥も三津田信三もなぜその結論を先延ばしにしたのか

娯楽としての殺人

まあ、文章が気持ち悪い。おっさんの考える女子大生の書いた文章って感じだわ。ワザとそういう風に書いてんなら流石だが。
そして長々と続くわりには終わり方はたいしたことない。

陰画の中の毒殺者

タイトルが江戸川乱歩みたいですね。因果とかけてるのか?
解決早かったせいか、怪異は起こらず。
それにしても、兄が大卒無職なのに、妹の明日香はまだ中学生なのか。えらく年離れてるな。