読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

種子島貴「吸血殲鬼ヴェドゴニア」下巻

イイハナシダナー
となんか謎の感動で目から汁が出てきそうになった。
多分「半落ち」に次いで二冊目ぐらいかな、目から汁が出たのは。


やっぱりそうだよねー、体自体が吸血鬼なんだからそれを封じ込めようとしたら外科手術的な脳の再決線が必要になるよねぇ。
途中までなんか王道臭いなと思ってたら、最後で一気に伏線回収したなーという感じですよモーラのとか。マジか。てっきりあちらあたりかと思ってた。
ていうか、モーラヒロインかと思ってたら全然違ってたね