読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトル・リトル・クトゥルー

リトル・リトル・クトゥルー―史上最小の神話小説集

リトル・リトル・クトゥルー―史上最小の神話小説集

なんか最近フラクタルとかいうアニメで東って人か暴れてるらしいですが、
小説かとかのジャンルで東って言ったら自分は東雅夫しか思い浮かびません。
例の伝奇ノ匣とか編集してた人。
自分の持ってるのはドグラ・マグラの奴ですがなかなか読み応えのある逸品でした。


で、この「リトル・リトル・クトゥルー」は国書刊行会から出てるクトゥルーシリーズとは特に関係ないみたいですが一応クトゥルーモノです。
なんでも800字以内のクトゥルー短編を集めたアンソロジーらしいですが。
まあ、最初の数編はちゃんとオチついてて面白かったんですが段々となんか、「これ本当にクトゥルーか?」と思う様なのがだんだん出て来るわけで。
まあなんだこりゃと。


おまけに最初の数編は落ちが付いてたから極力落ちを先に読んでしまわないように、栞で隠してたりしてたんですが、それ以後は殆ど落ちらしい落ちなんかなくて非常に無駄なことしてる感が半端ないですよ