「分解された男」アルフレッド・ベスター

あらすじと一ページ目読んだだけでなんとも面白そうな予感はしていたのだが、期待に漏れず面白いものだった。