アーサー・C・クラーク「2001年宇宙の旅」その1

映画見てから読むのが正解決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)作者:アーサー・C. クラーク発売日: 1993/02/01メディア: 文庫にしてもダサい表紙だな・・・・・・ 原題を全面に押し出したほうがまだマシなんじゃないかな。フォント選びのセンス的にも 以…

夢野久作「死後の恋」

解釈としてはお化けとか幽霊落ちなのかね死後の恋 (立東舎 乙女の本棚)作者:夢野 久作出版社/メーカー: 立東舎発売日: 2019/12/19メディア: 単行本落語調なせいか「あっ、消えた」とか「こんな顔だったかい?」みたいな落ちにしか思えんのだが…‥イラストもな…

澤村伊智「ずうのめ人形」その2

うせやん……ずうのめ人形 (角川ホラー文庫)作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/07/24メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る第三章途中 は? ええ・・・? なんか伏線あった?と思って読んでたけど、見事にありましたね。謎だっ…

澤村伊智「ずうのめ人形」その1

Zooの目人形?ずうのめ人形 (角川ホラー文庫)作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/07/24メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見るタイトルだけ見ると「うまずめ」のアナグラムっぽく見えるし、 作中の原稿中に「ずうのめ人形」には…

「R.E.D」その2

時代劇でもやってんのか?R.E.D. 警察庁特殊防犯対策官室 (新潮文庫nex)作者: 古野まほろ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/08/27メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る女性の描写が麻生幾並みにきっついなと思ってたけど、肝心の悪人の描…

「R.E.D.警視庁特殊防犯対策室」その1

むちゃくちゃ文章が読みづらい R.E.D. 警察庁特殊防犯対策官室 (新潮文庫nex)作者: 古野まほろ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/08/27メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見るあらすじ読んだ限りだと、近未来版「首都警」シリーズ、ただし首…

小林泰三「人外サーカス」

変わったミステリ系かと思いきや妖怪退治系だった人外サーカス作者: 小林泰三出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/12/21メディア: 単行本この商品を含むブログを見るあらすじには、人ではない吸血鬼がどういうわけか怪力でねじ切られて殺されていた。とい…

澤村伊智「恐怖小説キリカ」

念の入れようがすごい 恐怖小説キリカ (講談社文庫)作者: 澤村伊智出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/04/16メディア: 文庫この商品を含むブログを見る三津田信三シリーズと同じく、作者を主人公とするお話。 三津田信三の怪談とは違ってサイコホラー。と…

「探偵が早すぎる」上

割とまともな清涼院流水という感じ。探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)作者: 井上真偽出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/05/18メディア: 文庫この商品を含むブログ (10件) を見る講談社タイガとかいう講談社の文庫の新しいレーベルらしい。てっきりライ…

ブライアンラムレイ「黒の召喚者」その1

デモンベインの原点ってむしろこっち感 黒の召喚者 (アーカム・ハウス叢書)作者: ブライアン・ラムレイ,朝松健出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 1986/07メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 朝松健の後書きで有名なアレ まあ、言われてみればそう…

「アリス殺し」文庫版 その1

売れたのか売れてないのかアリス殺し (創元推理文庫)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2019/04/24メディア: 文庫この商品を含むブログを見るえらい文庫化に時間かかりましたね。 2007年くらいだっけ、ハードカバー版出たの。もう10年くらい…

「クララ殺し」その1

とりあえず、なんでわざわざ金髪に染めてカラコンでコスプレしてたのかが謎クララ殺し (創元クライム・クラブ)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2016/06/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る読みはしたんだけどレビュー…

「C市からの呼び声」その1

C市+前日譚C市からの呼び声 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)作者: 小林泰三,桜ヰココロ出版社/メーカー: 創土社発売日: 2018/12/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る小林泰三のクトゥルフ神話の中だと割とキャッチーでわかり…

小林泰三「ドロシィ殺し」

やっぱり読みやすいですね小林泰三はドロシイ殺し (創元クライム・クラブ)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2018/04/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る今回は「オズの魔法使い」を元にしたストーリーオズのまほうつかい…

HPL「這い寄る混沌」その1

シャイニングトラペゾヘドロンを「輝く偏方二十四面体」とちゃんと日本語訳してるの初めて見た這い寄る混沌 新訳クトゥルー神話コレクション3 (星海社FICTIONS)作者: H.P.ラヴクラフト,中央東口,森瀬繚出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/11/17メディア: …

「書架の探偵」その4

ようやく読了 書架の探偵 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)作者: ジーンウルフ,青井秋,酒井昭伸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2017/06/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る まあ、感想は後にでも…… 別に読み終わった直後って特になにも浮…

「書架の探偵」その3

積ん読消化しよう書架の探偵 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)作者: ジーンウルフ,青井秋,酒井昭伸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2017/06/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る謎のどこでもドアじみた扉を開くとそこはジャングルだった。 …

「世界推理短編傑作集1」その2

思ったより辛い世界推理短編傑作集1【新版】 (創元推理文庫)作者: 江戸川乱歩出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2018/07/12メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 人を呪わば まあ、前に読んでいて落ちも覚えてたから別に面白さは感じなかった…

時雨沢恵一「SAOA GGO」3巻

これはゲームであって、遊びであるソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (3) ―セカンド・スクワッド・ジャム (下)― (電撃文庫)作者: 時雨沢恵一,川原礫,黒星紅白出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 20…

「世界推理短編傑作集1」その1

翻訳見直した割に微妙な時代の訳世界推理短編傑作集1【新版】 (創元推理文庫)作者: 江戸川乱歩出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2018/07/12メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る世界短編傑作集の新盤。まあ、ものが良い割に、いつまでも戦前…

「女学生奇譚」その1

色んな意味で臭い女學生奇譚 (文芸書)作者: 川瀬七緒出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2016/06/08メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る半分くらい読んで、登場人物がビビりすぎなのが鼻に付くようになってきた。 うんまぁ、「読んだら死ぬor…

「ダブル・ジョーカー」

大人向けなろう小説ダブル・ジョーカー (角川文庫)作者: 柳広司出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2012/06/22メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (37件) を見る ダブル・ジョーカー なろう系俺TUEEEE小説によくあるパターンだが、…

「ウェイプスウィード」

ラノベ作家にSF書かせてみた系の中じゃ割とイケてる部類ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカワ文庫 JA セ 2-3)作者: 瀬尾つかさ,植田亮出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/07/05メディア: 文庫この商品を含むブログを見る読んでるときの印象としては…

「塔の中の部屋」その2

随分時間がたちましたが塔の中の部屋 (ナイトランド叢書)作者: E・F・ベンスン,中野善夫,圷香織,山田蘭,金子浩出版社/メーカー: 書苑新社発売日: 2016/07/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る 霊柩馬車 ヒューが語り始めた…

「触発」その1

これシリーズだったの?警視庁捜査一課・碓氷弘一1 - 触発 - 新装版 (中公文庫)作者: 今野敏出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/05/19メディア: 文庫この商品を含むブログを見る新装版が出てたので手に取ったら読み過ぎた。 久しぶりに読んだけどホ…

萩原朔太郎「猫町」その2

読了猫町 (立東舎 乙女の本棚)作者: 萩原朔太郎,しきみ,最果タヒ出版社/メーカー: リットーミュージック発売日: 2016/11/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見る感想的には前と同じかなぁ。 文章的に絵にしづらい部分が多いからか象徴的なのがおおい…

黒岩涙香「人耶鬼耶」その1

なぜか売っていた裁判小説 人耶鬼耶 (インパクト選書)作者: 黒岩涙香,池田浩士出版社/メーカー: インパクト出版会発売日: 2016/04メディア: 単行本この商品を含むブログを見る桃源社かなんかの、妙に文字のでかい古い本で一度だけ読んでそれっきりでしたので…

このブログの方針

最近なんとなく方針ブレてない?って気がしてきたので書き出してみます。まあ、本来の方針に鑑みれば、こんな文章書くこと自体が方針から外れているんだけど…… 方針とは何ぞ? 端的に言うと不愉快でない読書感想文を書くブログ では不愉快でないものとは? …

萩原朔太郎「猫町」その1

「さては刀剣女子だなオメー」猫町 (立東舎 乙女の本棚)作者: 萩原朔太郎,しきみ,最果タヒ出版社/メーカー: リットーミュージック発売日: 2016/11/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見る夢野久作の瓶詰地獄で知った同シリーズ。全く知らない作者の本…

ピーター・トライアス「メカ・サムライ・エンパイア」その1

メカ・サムライ・エンパイア 上 (ハヤカワ文庫SF)作者: ピーター・トライアス,John Liberto,中原尚哉出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/04/18メディア: 文庫この商品を含むブログを見るメカ・サムライ・エンパイア (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)作者: ピ…