読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョン・ル・カレ「寒い国から帰ってきたスパイ」その1

ジョーカーゲームより面白いスパイ小説

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

うーん。スパイ者が流行るわけだな。こんな面白い小説があったとは思わなかった。
正直スパイ小説ってアシェンデンかジョーカー・ゲームしか読んだことなかったんで。
アシェンデンは読んでて地味すぎて退屈だし、ジョーカー・ゲームはまあ、話が短いし余韻も何も残らない。ていうか「これ日本でやる必要なくね?ていうかこの時代設定である意味は?」と思うくらい特色がない。スパイが事件解決して「日本のスパイスゲー」ってなってなるだけ。中身何もねぇ。何でこんな優秀なスパイがいたんなら何で日本戦争に負けたんだよって話になるしな。

作者は「裏切りのサーカス」の原作「ティンカーテイラーソルジャースパイ」の作者ジョン・ル・カレ。まあ、映画自体は雰囲気いいし推理劇ぽいところがあるので好きではあるが、なにやってるかわかりづらい。
その点こっちは一人のスパイの視点から描かれているので結構分かりやすい。

ドイツがまだ東西に別れていた頃、CIRCUSが東に送り込んでいたスパイがドンドン始末されていった。これがとある新任のスパイマスターの仕業であることがわかったイギリス諜報部は、こいつを失脚させるべくとある作戦を実行に移す。それは、東ドイツ担当だったスパイの元締めである主人公を、イギリスを裏切ったスパイとして東ドイツに雇わせ内部から崩壊させるというもの。
手始めに、主人公を実働班から内部の事務職へ移させ、そこで横領を働いたということでクビにして退職金も出ないままおっぽり出させる。新しい職を探すがどれも長続きせず貧乏長屋ぐらしをする主人公。そしてそんな貧乏暮しをしていたところに東ドイツ側のスパイが接触してくる。という展開。主人公は新任のスパイマスターの対抗馬をそそのかして失脚させるのが目的。

ジェイムズ・ティプトリーJr「あまたの星、宝冠のごとく」

まだ読み始め

原題:CROWN OF STARS。直訳したら「星の冠」
えらい凝った邦題にしたもんだな

「愛はさだめ、さだめは死」、「輝くもの天より墜ち」なんか割とそのまんまなのに…。
(それぞれ"Love Is the Plan the Plan Is Death","Brightness Falls from the Air")

アレクサンドル・べリャーエフ「ドウエル教授の首」その2

やっと終わった……

ドウエル教授の首

ドウエル教授の首

まあ、あんま良い終わり方とは言い難いですね。結局ケルンも自殺してしまうわけだし。
やはり精神病院に収監されてからの雰囲気がどうにも暗い感じですかね。ブリケも結局首だけに戻ってしまうし。まあ、ケルン死んだ後だから結局先も長くないよね。



前に読んだ抄訳版の「いきている首」とは割と差異がある感じ

いきている首 [冒険ファンタジー名作選(第1期)]

いきている首 [冒険ファンタジー名作選(第1期)]

  • ビルケ→ブリケ
  • ビルケの身体に使われた女は有名な歌手アンジェリカ・ガイでラーレとの血縁ではない
  • 首だけになったのはドウエルとビルケ以外にもトーマという青年がいる。口塞いで空気貯めたせいで血液のパイプが外れて死ぬ
  • ケルンは最後自殺する
  • ビルケがケルンの所に戻って最初は足だけを切り取るが、それでも良くならないからまた首だけにする。いきている首ではいきなり首だけにする
  • ローランが母親と会話しているシーンがある
  • ビルケは最後まで生きている。いきている首だと最後に死亡したが、こちらだと明確に死んだ描写はない


まあ、いきている首の方が原作から変えてるんだけどね。
前に読んだ東京創元社版の「ドウエル教授の首」とはだいたい同じだったね。

ドウエル教授の首 (創元SF文庫)

ドウエル教授の首 (創元SF文庫)

ちなみに東京創元社版はAmazon以外の書店では復刊している模様。
あえてAmazonで中古品高く買うのはおすすめしない

「SF映画原作傑作選 地球の静止する日」中村融編

読んだはずなのに内容が記憶にない…

地球の静止する日―SF映画原作傑作選 (創元SF文庫)

地球の静止する日―SF映画原作傑作選 (創元SF文庫)

もしかして角川版と間違えてるとか…?

趣味の問題

蜘蛛型の宇宙人の姿に怯えて、友好的な性格にも関わらずお互いに受け入れられないという話。
まあ、実際そんなどデカい蜘蛛が出たらやっぱこんな反応になるんかね。それとも作者が単なる蜘蛛恐怖症なのか。

ロト

不明

殺人ブルドーザー

不明

擬態

不明

主人への告別

地球へ訪れて以来全く動かずに博物館に飾られているロボットとUFO。新聞記者があるときそのUFOから降りてくる人影を見かけて…
巨大なロボットをその人の召使ロボットだと思っていたら、実はそっちのロボのほうが主人だったという話…

月世界征服

不明

「月世界征服」撮影始末記

不明


本当のところ読んでいないのでは…。後ほど読んだら書きます。読んだらね

「20世紀SF 6 1990年代 遺伝子戦争」

読んだはずなのに記録してなかったのでうろ覚えの状態で覚えてるものだけ書き出し。

20世紀SF〈6〉1990年代―遺伝子戦争 (河出文庫)

20世紀SF〈6〉1990年代―遺伝子戦争 (河出文庫)

軍用機

内容不明

爬虫類のごとく……

内容不明

マジンラ世紀末最終大決戦

巨大ロボVS巨大ロボの話。
日本企業から軍用に作られたものの実用性に乏しいというロボットをレンタルしたアメリカ人が、そのロボットを見世物にして利益を得ていたら、大本の日本企業が更に強いロボットを作って挑戦しにきたという話
落ちは覚えていない

進化

内容不明

日の下を歩いて

内容不明

しあわせの理由

脳腫瘍の除去手術を受けたら何もかも不幸に感じるようになってしまったので、感情を調節するナノマシンを使って自分の感情をコントロールできるような手術を受けた主人公。
結局はホームレスになったのかなんなのか。ドブ川の汚臭の漂う橋の下に住んでいる。そんなところにいても主人公は自分の感情をコントロールして「僕はここが気に入っているんだ」と答える

真夜中をダウンロード

内容不明

平山を超えて

巨大トラックを運送する運ちゃんに連れて行ってもらって巨大な山を超える話。

ケンタウルスの死

内容不明

キリマンジャロ

地球外の何かに侵食され何もかもがプラスチックのものに変異してしまったジャングルに行って恋人を探す話

遺伝子戦争

とある遺伝子工学者の一生をダイジェストで送るという内容。
イーガンかと思ったらぜんぜん違う。まあイーガンにしちゃ読みやすいからなぁ

今野敏「防諜捜査」その1

特殊防諜班の続編かな?

防諜捜査

防諜捜査

とか思ってたら、「凍土の密約」の外事一課シリーズ(あるいは公安捜査員倉島達夫シリーズ)の続編だったらしい。
今回隠蔽捜査みたいなタイトルにしたのは、このシリーズまとめて「防諜捜査」シリーズとかに改名するつもりなのかな?
名前的に「潜入捜査」みたいな軽さあるよね。

潜入捜査 (実業之日本社文庫)

潜入捜査 (実業之日本社文庫)

内容は日本で殺されたロシア人の事件を捜査するという話。
またロシアの殺し屋が出るらしい。恐ろしや。
前回は何でしたっけね。ロシアの特殊組織のおっさんが出たけど。
シリーズ1作目で倉島に怪我負わせた殺し屋はどうなったんだっけ?まあ、あっちは別シリーズなんすかね。

アレクサンドル・べリャーエフ「ドウエル教授の首」その1

ドウエル教授の首

ドウエル教授の首

創元SF文庫版が復刊したと聞いて読んでみたくなったものの、あいにくとAmazonでは取扱なし。

ドウエル教授の首 (創元SF文庫)

ドウエル教授の首 (創元SF文庫)

どうやらこの復刊は特定の書店でのみ行われているフェアのようなので、Amazonは初めから席ね~から状態なんでしょうな。

ていうか、まあ持ってはいるんですけどね。
で冒頭ちょっと読んでみたけど、あんま面白そうじゃないんで、未知谷版の方を読むことにしました。第一創元社版はすでに読んでいるはずだしね。

初めて読んだバージョンは「いきている首」だったか「合成人間ビルケ」だったかは覚えていないが、とにかく子どもの頃に読んでいたもの。
しかし不思議なことに今読んでも面白い。というかまあSFなるものとはそういうものなんだろうね。要するに最近は面白いSFがないなんて言ってる人がいるとする。じゃあそいつの面白かったSFって何かというとこれが子どもの頃に読んだ思い出のSFということになる。つまり、我々が楽しいと思えるのは結局そのレベルのものが大半であって変に小難しいものを読んだところで楽しくはないということ。
あるいはそう、結局名作と言えるものは子供向けであっても鑑賞に耐えうる出来になっていると。

ストーリー

おなじみ、首だけにされたドウエル教授が登場する若干ホラーじみたストーリー。
主人公のローランがケルン教授の助手として採用され、ドウエル教授の首と引き合わされたところからストーリーは始まる。
結局なんやかんやあってケルンの悪事は暴かれる。


最近抄訳版読んでたから、また同じ話読むのだるいなとか思ってた割にスラスラ読める。
やはり完訳は抄訳版とは違うのか、あるいは話自体が面白いのか。
抄訳版と違うのは実験台になってるのがビルケ(作中では「ブリケ」)だけでなく男の方もいるってことですかね。創元社版でもここは同じ。当たり前だけど。
今のところは「死せるダイアナ」あたりまで。ビルケにつなぐ体探してるあたり。割りと序盤なのに結構佳境に入っている気がしますね。このあとなにやるんだろうね。